アメディオの想い

ご来院時のお願いVisit

「飼い主さまからの状況説明」を特に重視しています

当院では治療や処置を行う前に、できる限りの説明を行い、納得そして同意を得た上での治療を心がけております。

  • ペットに異常が見られた時の状況
  • 今までの予防歴
  • 現在食べているフード(メーカーや商品名)
  • 治療歴・経過など

をお聞きしたいと思っております。
どうか心とお時間に余裕を持っていらしてください。

「飼い主さまからの状況説明」を特に重視しています

状況説明の例

犬を連れて来院される方へ

首輪とリードを付けてご来院ください。小型犬の場合はケージに入れてくることをおすすめいたします。
家ではおとなしくてもほかの犬を見ると興奮したり、ケンカしたり逃げ出したりする可能性があるためです。

院内では、ほかにもたくさんの動物たちがおります。ケンカしたり吠えたりしないよう、責任を持っていただきますようお願いいたします。

猫を連れて来院される方へ

ケージもしくはネットに入れてご来院ください。動物病院には犬も多数来院しますので、興奮して逃げる可能性が非常に高いためです。

院内では、ほかにもたくさんの動物たちがおります。ケンカしないよう、責任を持っていただきますようお願いいたします。

他院で治療中・薬を内服中の時

他院で処方されて服用している薬や、外用薬があるときはお持ちください。
また、検査結果などのデータがあればご持参ください。治療の際の参考になります。

異物を食べてしまった時

何か誤って食べてしまった場合は、何を食べたかが分かるように、食べた物の製品名や成分がわかるパッケージ、もう一つ同じものがあれば、それを持ってきてください。

また、嘔吐した場合は吐物を持ってきてください。消化できないものであれば、まだどれくらい体に残っているかが大まかに把握できます。