診療案内

予防接種Prevention

混合ワクチン

現在、一般的な犬の混合ワクチンには、5種・6種・7種・8種・9種の5種類があります。
基本は5種混合ワクチンになります。この5種とは、下記の5種類のウイルスを指します。

  • ジステンパーウイルス
  • パラインフルエンザ感染症
  • パルボウイルス感染症
  • アデノウイルスⅠ型感染症(犬伝染性肝炎)
  • アデノウイルスⅡ型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)

その中で、当院では8種ワクチンを使用いたします。
上記に加え、【コロナウイルス感染症】と【レプトスピラ感染症】の2種類が追加されたものです。

そのほかのワクチン

狂犬病ワクチン、フィラリア、ノミ、マダニを取り扱っております。
フィラリア、ノミ、マダニを取り扱っております。
フェレット ジステンパーワクチン、フィラリアを取り扱っております。

※狂犬病ワクチンの市町村への登録などは、動物病院でも行っております。直接ご来院ください。
※フィラリアは毎年の血液検査の結果により処方いたします。

フィラリア症

フィラリア症とは、フィラリアという寄生虫が蚊を媒介して感染する病気です。
既にフィラリアに感染している犬の血を蚊が吸うことによって、ミクロフィラリアという子虫が蚊の体内で幼虫に育ちます。そして、この蚊が他の犬を吸血する時に感染します。

感染したフィラリアは、犬の心臓に住みつき、新たな子供を産みます。その結果、やがて息が荒くなり、咳をしたり、腹水でお腹が膨らんできたり、ついには失神するといった症状が出ます。また、犬だけでなく、猫やフェレットもフィラリアに感染する可能性があります。

当院では、フィラリアは毎年の血液検査の結果により処方いたします。

フィラリア症

ノミ・ダニの予防

ノミ・ダニはかゆみだけでなく、病気を媒介する原因にもなりますし、ヒトに感染する恐れもあります。
日常の場所から簡単に寄生されてしまいますので、寄生される前に予防することが大切です。

各種ワクチン
について

ワクチンの種類は各動物で変わってきますので、接種する動物の種類をお電話にてお伝えください。料金についてやご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

026-241-9901

受付時間 9:00~12:00/16:00~18:30 ※日曜・祝日の午後は15:00~18:00
休診日 木曜日